ルナドヘルソロ No.6~No.7


No.6~No.7はリンドブルム編です

No.6は第一形態
No.7の03:27~第二形態です



No.6


↑のリンクから飛べない場合はこちらから


No.7


↑のリンクから飛べない場合はこちらから




------- MOBまとめ -------

覇竜リンドブルム第一形態

攻撃パターンは全部で5つ

<氷柱飛ばし>クラウチで回避。動画のようなハメなら柱の裏にいれば当たりません
<フローズンブレス>クラウチで回避
<空中ひっかき>リンドブルムの動きをしっかり見て逃げていれば当たらない
<踏みつけ→尻尾なぎ払い>地上で戦うのであればリンドブルムの右足と尻尾の間に密接していれば当たりません。ハメでは当たらない
<爆発吹き飛ばし>吸い込みが見えたら、フォースボム、シャドウボンバー、シャドウで回避


ソロでハメる場合は爆発がくるまでひたすら殴り続け、爆発前の吸い込みが見えたらフォースボム、シャドウボンバー、シャドウで回避
殴っている最中にあまり前へ出すぎると下に落ちてしまうため気をつける
常に張り付いていれば氷柱飛ばしは来ないので吸い込みのみ注意していれば問題ない

PTの場合は氷柱飛ばしとフローズンブレスはクラウチかシャドウで回避
踏みつけ→尻尾なぎ払いは右足の後ろに位置取る
爆発吹き飛ばしは無難に距離を取るのがいいと思います



覇竜リンドブルム第二形態(No.7 03:26~)

攻撃パターンは全部で7つ

<直線フレイムブレス>クラウチで回避
<前方180度フレイムブレス>クラウチで回避
<叩きつけ>リンドブルムのおなかの下付近にいれば当たらない
<立ち上がりひっかき>無難にシャドウボンバーなどで回避
<突進>近づいていれば撃ってこない
<ジャンプひねり>尻尾の先にも当たり判定があるので距離を取っていても意外とダメージを食らうことがある。ジャンプしたあとの着地した足元付近にもダメージがあるため密接していると危険。ジャンプひねり後の硬直で攻撃チャンス
<爆発>近くにいると食らうため見えたらすぐにシャドウダッシュなどで距離を取る→爆発後の吸い込みで一気に近づけるためここで攻撃を入れる



尻尾の先まで当たり判定があるためかなり遠い距離からでも攻撃を当てることができる

正直言って第二形態は奥義でごり押ししているので攻撃の安全な回避方法や張り付き方がイマイチわかりません

もう少しソロで通って回避方法等を探してきます






長くなってしまいましたが一応これにてルナドヘルソロのまとめ記事は終わりです

今回はクリアまでにかなり時間がかかってしまい、敵に全く張り付けていないのであまり参考にはならないかと思いますがまたしばらく通って新しい攻略法を見つけたら追記していきますのでよろしくお願いします




新しいランキングバナーを見つけたのでこちらに変更
シャーマンのバナーよりハンターのバナーがよかった・・・(´・ω・`)

C9・攻略ブログ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。